FC2ブログ

カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「エピック・メタル動画 」カテゴリ記事一覧


初心者にも分かる、最新エピック・メタル・コレクション【NWOTHM】

Epic Metal Collection [NWOTHM] vol. I.




 YouTubeに最新エピック・メタル・バンドの楽曲のみを集めたコンピレーション・アルバムの動画が公開。NWOTHM影響下のアンダーグラウンド・シーンのエピック・メタル・バンドをほぼ全て網羅。トラックリストは以下の通り。

Tracklist:
01. Eternal Champion - I Am The Hammer 00:00
02. Skelator - The Dark Tower 05:14
03. Jack Starr's Burning Starr - Sands Of Time 08:41
04. Brothers Of Sword - Berserker 13:57
05. Lucifer's Hammer - The Hammer Of The Gods 17:54
06. Ravensire - Drawing The Sword 23:02
07. SkullFist - Sign Of The Warrior 28:43
08. Lunar Shadow - Triumphator 33:40
09. Thunderlord - Guardians Of The Town 38:28
10. Grey Wolf - Metal Avenger 41:29
11. Riot - Fall From The Sky 44:25
12. Borrowed Time - Dawn For The Glory Rider 49:32
13. Ironsword - Forging The Sword 56:29
14. Jack Starr's Burning Starr - Here We Are 01:00:11


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ギリシャのエピック・メタル重鎮Wrathbladeのヴォーカリスト、Nick Varsamisが新バンドSerpent Riderのデモ『Pour Forth Surquidous』(2019)に参加

The Doom And Epic.




 ギリシャのエピック・メタル・バンド、ラースブレイド(Wrathblade)のヴォーカル、ニック・ヴァルサミス(Nick Varsamis)が新バンド、サーペント・ライダー(Serpent Rider)のデモ『Pour Forth Surquidous』(2019)に参加。エピックかつドゥーム的な完成度の高いサウンドに、海外のファンたちからの期待も高まっている。
 これでニック・ヴァルサミスは、前述のラースブレイドの他、リタニー(Litany)、サーペント・ライダーの3つのバンドを掛け持ちすることとなった。


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

カナダ出身のエピック・ヘヴィ・メタル、Gatekeeperの新曲"Grey Maiden"の完成度が凄まじい

The Most Watched Epic Metal Band.



 カナダ出身のエピック・ヘヴィ・メタル、ゲートキーパー(Gatekeeper)のEP『Grey Maiden』(2019)がイタリアの「Cruz del Sur Music」から発売中。初期はエピック・ドゥーム・メタル風のサウンドだったが、近年では完全にエピック・メタル原理主義的なスタイルとなっている。
 第1作『East of Sun』(2018)とEP『Grey Maiden』は、既に世界各地のエピック・メタル・ファンから非常に高い評価を獲得。エターナル・チャンピオン(Eternal Champion)と並び、ゲートキーパーは、今後のエピック・メタル・シーンを引っ張っていく若手実力派バンドとして注目を集めている。

Grey Maiden




続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ポルトガル出身のエピック・メタル原理主義バンド、Ravensireの新曲が完全にManilla Road

The Real Epic Metal Sound.






 ポルトガルのリスボン出身のエピック・メタル・バンド、レイヴンズイーレ(Ravensire)の第3作『A Stone Engraved in Red』が2019年6月頃に発売予定。動画サイトに挙げられたこの新曲(Official Track)を聴けば、バンドが完全にキリス・ウンゴルやマニラ・ロードの後継者であることが分かる。
 マーク・シェルトン亡き後、アンダーグラウンドのエピック・メタル・シーンは群雄割拠の世を迎えたと言っても過言ではない。その中でも、レイヴンズイーレは頭一つ飛び抜けた存在だ。

The Cycle Never Ends




続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

Virgin Steeleのニュー・ビデオ・シングルがあまりにも酷過ぎる件

The Barbarians Of The New Era.






 アメリカのエピック・メタルの帝王、ヴァージン・スティール(Virgin Steele)が第11作『Visions of Eden』(2006)からニュー・ビデオ・シングルを公開。公開された"When Dusk Fell"、"Black Light on Black"は、「Barbaric Re-Mix Version」という新しいもので、オリジナルよりも激しい展開が特徴。
 しかし、そのビデオのあまりにも酷過ぎる内容から、ファンたちの間では失笑が巻き起こっている。
 今回、ビデオ撮影された二つの楽曲は、当然のように素晴らしいエピック・チューンだが、全てを台無しにするデイヴィッド・ディファイ(David Defeis)の浮世離れしたファッション・センスが凄まじい。恰も80年代頃のマノウォーを彷彿とさせる風貌だ。
 近年のヴァージン・スティールは、どこか迷走しているように感じる。また、エピック・メタル・バンドのビデオ・クリップが酷いのは、今回の件だけではない。

Visions of Eden




続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

アメリカの古参エピック・メタル・バンド、Omenが早くもインターネット上にニュー・シングルを公開

The Return Of The Omen.




 アメリカのエピック・メタル・バンド、オーメン(Omen)がインターネット上にニュー・シングルを公開。公開された楽曲は、"Alive"というもので、パワフルかつエピックな内容となっている。
 近年のバンドは、ギリシャの重鎮バトルロア(Battleroar)とのコラボレーションの他、ニュー・シンガーにニコス・ミグナス(Nikos Migus A)を迎えるなど、精力的な活動を展開。アメリカのアンダーグラウンド・メタル・シーンの中でも、要注目のバンドとなっている。

Hammer Damage




続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

Wizard:最新作『Fallen Kings』(2017)のオフィシャル・アルバム・トレーラーとビデオが動画サイトで公開

The Epic Metal Champion.






 ドイツのエピック・パワー・メタル・バンド、ウィザード(Wizard)の第11作『Fallen Kings』(2017)のオフィシャル・アルバム・トレーラーとビデオが動画サイトで公開。力強い楽曲にマノウォーのサウンドを思い出したファンも多いはず。本作は、既に2017年6月に「Massacre Records」から発売済みだ。

WIZARD




続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

Jack Starr’s Burning Starr:最新作『Stand Your Ground』(2017)の楽曲が動画サイトで公開

The Muscular Metal Style.






 アメリカのニューヨーク出身のエピック・パワー・メタル・バンド、ジャック・スターズ・バーニング・スター(Jack Starr’s Burning Starr)の第7作『Stand Your Ground』(2017)から楽曲の一部が公開。公開された楽曲は、何れもファンを裏切らない出色の出来。従来の楽曲以上にマノウォー色が強く、マッチョなジャーマン・エピック・メタルに接近している。

Stand Your Ground




続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

Visigothのミュージック・ビデオが「ダサすぎる」とエピック・メタル界で話題に

The Cult Epic Movie.




 2015年に第一作『The Revenant King』でデビューしたアメリカの若手マニラ・ロード/キリス・ウンゴル系エピック・メタル・バンド、ビジゴス(Visigoth)。そんな将来有望なバンドのミュージック・ビデオが「非常にダサい」とファンたちの間で話題となっている。
 この『The Revenant King』の代表曲"The Revenant King"のクオリティは素晴らしいのだが、ヴァイキング・メタル風の実に安っぽいコスプレ映像が極めてショッキングだった。実際に世界各地のアンダーグラウンド・シーンには、こういったチープなミュージック・ビデオが溢れている状況なのである。
 しかし、その衝撃の影響力もあって、何とビジゴスのミュージック・ビデオは20万近い再生数を記録。この再生数は、アンダーグラウンドのエピック・メタル・バンドではまず有り得ないことだ。こういった形で、近年のエピック・メタル・シーンを盛り上げるバンドの存在は貴重だ。

The Revenant King




続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

Manilla Road:最新作『To Kill A King』(2017)のアルバム・プレビューが公開

Manilla Road Album Preview.




 2017年に第17作『To Kill A King』を「Golden Core Records」から発表したエピック・メタルの始祖、マニラ・ロード(Manilla Road)。某動画サイトに最新作の楽曲を紹介したアルバム・プレビューが公開。この動画を参考にして、本作の購入のきっかけにするのもお勧めだ。

MANILLA ROAD




続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
New Release (Epic Metal)

Times of Obscene Evil..

by Smoulder (1st album)
"The New Epic Metal Album"

Grey Maiden -Ep-

by Gatekeeper (mini album)
"The New Epic Metal Album"

The Armor of Ire

by Eternal Champion (1st album)
"The New Epic Metal Album"

CODEX EPICUS

by Battleroar (5th album)
"The New Epic Metal Album"

Conqueror's Oath

by Visigoth (2nd album)
"The New Epic Metal Album"
METAL EPIC Books

叙事詩的なヘヴィメタルの歴史

音楽論『叙事詩的なヘヴィメタルの歴史』Kindleストアにて発売中。約5年間に渡るエピック・メタル研究の集大成。主要バンドの紹介、歴史の解説、幻想文学との関連性、エピック・メタル・ルーツへの言及など、アンダーグラウンド・シーンを紐解いた衝撃のヘヴィメタル史。

ハイパーボリア全集

拙著『ハイパーボリア全集』、『ハイパーボリア全集2』、『ツチョ・ヴァルパノミの炎の王国』、『最後の理想郷』、『探索者』、『ツァトゥグアの祠』、『イグの神殿』、『オルグリアス』、『ファルナゴスの遺産』、『イックアの妖術』、『ズロヒムの死』、『失われた先史』Kindleストアにて発売中。1930~1950年代頃の『Weird Tales』誌やクトゥルー神話群を踏襲した幻想怪奇短篇集。
The Master

コスマン・ブラッドリー博士

Author:コスマン・ブラッドリー博士


Cosman Bradley(16/06/10)
David Orso(16/06/10)
Daiki Oohashi(16/06/10)
*Mail

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村


・Click Ranking for Epic Metal.
METAL EPIC
・Free Banner for Your Pages.

Link
Metal Shop
New Release(HR/HM)
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。