Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




Introduction

Robert_E_Howard

「エピック・メタルとは、叙事詩的なヘヴィメタルの総称であり、主に大仰かつ劇的でヒロイックな音楽性を示す言葉である」 [More stats] 

 ──Cosman Bradley


◆新着情報 News Topics
[Reviews]
VALKYRIE 「Deeds of Prowess」
WRATHBLADE 「Into the Netherworld's Realm」
VIRGIN STEELE 「Nocturnes of Hellfire & Damnation」
[Release]
Jack Starr’s Burning Starr 「Stand Your Ground」
Cirith Ungol 「King Of The Dead」
Manilla Road 「To Kill a King」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲイツ・オブ・オブリヴィオン



Country: Spain
Type: Full-length
Release: 2002
Reviews: 88%
Genre: Epic Power Metal


スペインのクラシカル・ハリケーン、ダーク・ムーアの3rd。2002年発表。


前作「The Hall Of The Olden Dreams」は傑作であった。その結果から、世界中で彼らは絶賛されることとなり、スペインを代表するメロディック・メタルとなった。その期待感を踏襲し、今作の発表へと至る。

前作と同じくジャケットにアンドレアス・マーシャルを起用したことにより、外観も非常に魅力的でファンタジー色あふれるものとなった。無論、サウンドもメロディックかつ劇的なエピックメタルを展開している。今回は、アルバム冒頭に名曲#1「In the heart of the stone」、#2「A new world」を配し、聴き手を圧倒。その後のタイトル曲#3でシンフォニックなインストに流れるという展開を聴いただけでも、本編のクオリティが極めて高いものだと理解できるだろう。この#3に代表されるように、アルバムの各所に配されたインスト曲は繋ぎとしての役割をはたし、よりエピカルなスタイルを強調している。
またメロディに関しても、クラシカルということに変わりはないが、全体に飛翔感を感じさせるものとなっており、豪華な音像とマッチしている。この飛翔感は中世時代の華やかさが顕著に表れている、と受け取ることも可能だ。そう本作も、彼らの魅力の一つである中世世界への傾向を色濃く残している。#4や#5等は偉大なトールキンへのオマージュ作品だ。そして、それらの叙事詩的世界観を表現するために大きな貢献を果たしているのが、エリサ・マルティン(vo)のヴォーカルだろう。中世的な声が特徴的なシンガーだが、今作は女性らしい優雅さも見せている。物語の語り手として、ダークムーアにより馴染んでいるのだ。

ダークムーアは今作で更なる飛躍をした、と評価できる。楽曲は洗礼され、世界的な水準も見えてきた。しかし私個人としては、いつまでもスペインの田舎臭いままでいてもらいたいというのが本心である……(もちろん世界的なシンフォニック・メタルになった今のアルバムも傑作ぞろいだ)。



1.In the heart of the stone
勇壮さに満ちたキーパーサウンドが炸裂するオープニングナンバー。ドラマティックなソロパートでは、思わず笑みがこぼれる。歌詞は女性軽視についての問題を歌っている。
2.A new world
コロンブスのアメリカ発見をテーマに、壮大なシンフォニーを描く名曲。ダークムーアらしい、極めてエモーショナルなギターメロディが感情を刺激する。ブリッジからコーラスへの展開は息を呑むほど劇的で、物語を視聴している錯覚に陥る。これぞエピックだ。
3.The gates of oblivion
4.Nevermore
5.Starsmaker (Elbereth)
6.Mist in the twilight
7.By the strange path of destiny
8.The night of the age
従来の名曲を想起させる、典型的なダークムーアの疾走曲。
9.Your symphony
10.The citadel of the light
11.A truth for me
12.Dies Irae (Amadeus)
ラストを飾る大作。本物の合唱団の起用により、クワイアの濃さは圧巻。


▼続きを読む
スポンサーサイト

THE HALL OF THE OLDEN DREAMS


Country: Spain
Type: Full-length
Release: 2001
Reviews: 91%
Genre: Epic Power Metal


スペインのエピック・パワー・メタル、ダーク・ムーアの2nd。2001年発表。


前作1stから著しい進化をと遂げた本作では、彼らの個性を十分に発揮した傑作となった。まず驚くのがプロダクションの向上であり、1stのチープで安づくりな音質からはかけ離れて良質なものとなった。重厚なアレンジや装飾が光り、クアイアも効果的に導入している。女性ヴォーカルという個性的な面も結果的にプラスに働いた。なぜなら、歌のメロディも素晴らしいからだ。
サウンド面で最も強烈に耳を惹き付けるのは、何といってもメロディの"濃さ"だろう。アルバム全編に渡って、大仰なまでにそのクラシカルでメロディアスなフレーズが繰り出されていく。某メタル専門誌で、「異臭騒ぎが起こりかねない」とのユーモア溢れる好評を得たのも頷ける。ギタリストであるエンリク・ガルシア(g)の天才的なメロディセンスが見事に功を奏しているといえよう。

本アルバムのサウンドには、ラプソディーやブラインドガーディアン等、過去のシンフォニックなエピックメタルからの影響が伺える。それらのファンなら確実に弦線に響く音だ。豪華絢爛な彼らのエピック・サウンドは、時にバロック様式を思わせる壮麗さがある。

そういった伝統的なシンフォニックなメタルサウンドを有してることから想像もつくが、詞世界も叙事詩や歴史等の中世ファンタジーに材を求めているというのも興味深い。これをして"エピック・パワー・メタル"と謳われたのだろう。中でも#3はフランスの聖女ジャンヌダルクを題材としたエピックメタルで、詞世界とサウンドが見事にケミストリーした名曲である。また、アルバムを覆う雰囲気は「指輪物語」系の幻想的なものでスケール感が漂っている。アンドレアス・マーシャルによるファンタジックなアートワークとの相互作用も兼ねている。この手法は、多くの傑作と呼ばれるエピックメタルアルバムで用いられてきたものである。そして、このアルバムもダークムーアが世に送り出した作品の中でも傑出した名盤である。



1. The ceremony
クラシカルで厳粛なるアルバムの序曲。まるで歌劇の開幕といったところ。
2. Somewhere in dreams
幻想的でメロディックなギターフレーズが胸を打つエピカルな曲。中世ファンタジーについて歌っており、その雰囲気は魅惑的だ。エリサの歌うメロディも非常にドラマティック。
3. Maid of Orleans
フランスの聖女ジャンヌダルクの悲劇を歌う。
4. Bells of Notredame
5. Silver lake
とてつもなくクサいギターメロディが冒頭から高速乱舞する本アルバム屈指の名曲。至高のドラマ性という形容はこの曲にこそ相応しい。まさに一撃悶絶の破壊力である。
6. Mortal sin
7. The sound of the blade
8. Beyond the fire
激情に揺さぶられたかのようなメロディが非常に熱い。流石はスペイン、ラテン国である。
9. Quest for the eternal fame
10. Hand in hand
11.The fall of Melnibone
ボーナスだが10分の大作。名作「メルニボネのエルリック」を取り上げたエピック作品であり、圧倒的なスケールを放つ。彼らのファンタジー観が爆発したともいえる曲だろう。


▼続きを読む

シャドウランド・スペシャル・エディション



Country: Spain
Type: Full-length
Release: 1999
Reviews: 68%
Genre: Epic Power Metal


ラテン国、スペイン出身のメロディックなエピック・パワー・メタル、ダーク・ムーアの1st。オリジナルは1999年発表だが、2005年にデモ・ボーナス入りで再発。ディスクは二枚組となっており、本編は一枚目にあたる。


ダークムーアといえば、激烈なクサさを誇る2ndや3rdがとくに有名だが、この1stも音質や演奏はまだまだ発展途上ながら後に通じるものは持っている。キーボードの煌びやかな装飾もいい感じだ。世界観に関しても、中世ファンタジーを題材としたエピカルなものとなっておりファンなら十分楽しめる。ただあくまでB級であるということを付け加えておいた方がいいだろう。今回新しく変更されたジャケットの戦士はまるでアラゴルンみたいで見栄えがある。余談だが、発売当時女性ボーカリストのエリサ・マルティンの中性的な歌唱により男か女か判断するのに時間がかかったらしい(笑)しかし彼女の声は女性特有の優雅さよりも力強い勇ましさを持った歌声であり非常に個性的だ。



1. Shadowland
2. Walhalla
なかなかにドラマティックな要素を持ち合わせた秀曲。ファンタジックで中世的な世界観はこの頃から既に開花していたようだ。
3. Dragon Into The Wind
4. Calling On The Wind
5. Magic Land
6. Flying
7. Time Is The Avenger
8. Born In The Dark
9. The King`s Sword
10. The Call


▼続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。