Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




Introduction

Robert_E_Howard

「エピック・メタルとは、叙事詩的なヘヴィメタルの総称であり、主に大仰かつ劇的でヒロイックな音楽性を示す言葉である」 [More stats] 

 ──Cosman Bradley


◆新着情報 News Topics
[Reviews]
VALKYRIE 「Deeds of Prowess」
WRATHBLADE 「Into the Netherworld's Realm」
VIRGIN STEELE 「Nocturnes of Hellfire & Damnation」
[Release]
Jack Starr’s Burning Starr 「Stand Your Ground」
Cirith Ungol 「King Of The Dead」
Manilla Road 「To Kill a King」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Goochan



Country: Germany
Type: Full-length
Release: 2007
Reviews: 85%
Genre: Epic Power Metal


強烈に漢らしくヒロイックなサウンドを追求するドイツのエピック・パワーメタル、ウィザードの7th。2007年発表。


名曲「Hammer, Bow, Axe and Sword」は衝撃的だった。血生臭い戦士達の戦場を迫真性を持って描き出し、勇猛なメロディを激烈に疾走させた。この狂戦士のような過激なサウンドスタイルは、以後のウィザードの作品を決定付けた。第5作『Odin』(2003)でそのスタイルは円熟の域に達し、ヒロイックなヘヴィメタルを追求するファンを唸らせた。それは彼らにエピックメタル界での地位を約束するものだった。そして、"ドイツのマノウォー"との異名を取る大胆不敵な彼らは、本作『Goochan』で更なる高みへと達することに成功した──

アルバム・ジャケットに描かれた一人の女。彼女は"Goochan"という魔女であり、本作での重要な鍵を握る。彼女は、別の異なる惑星を救う運命にあるのである。その勇敢で神秘的な物語こそ、本作の基礎となっているコンセプトであり、収録された楽曲はそれらを歌うものである(後にこの物語は本として出版されることが決定した)。地球とは異なる惑星で繰り広げられる壮大な戦いと讃えられる勇気。ウィザードはこれまでで一番の作品を作り上げた。
強烈な疾走感が以前までの彼らの代名詞だったことは確かである。しかし今作は、物語に沿った壮絶なドラマが待ち構えている。本格的な剣と魔法の物語を導入したことにより、以前は一本調子を痛烈に非難されていた彼らの楽曲は、叙事詩その名に相応しく、劇的な進化を遂げた。アルバムの冒頭である名曲#1"Witch Of the Enchanted Forest"から既にその進化は顕著であり、かのヴァージンスティールをも彷彿とさせる不気味なイントロダクションが、これからの期待感を強烈に煽りたてる。続く#2"Pale Rider"は、恐らくウィザードが生み出した楽曲の中で最もドラマティックなものだろう。称賛は禁じ得ない。本作こそ、エピックメタルという特異な分野で活動を続けながら、一心不乱にこの道を進んできたウィザードの可能性が遂に開花した作品なのである。



1. Witch Of the Enchanted Forest
これまで以上に練られた冒頭の展開は息を呑む。続くリフパートへの発展が劇的極まりない。リフの剛直なメロディが最大限に高揚感を高める。サビでのヒロイックなコーラスも絶賛せざるを得ない。
2. Pale Rider
本作のハイライト。大作であり、ミドルテンポで勇壮に突き進むが、サビのコーラスがすば抜けて勇ましい。中間部からの静寂パートへの移行、哀愁を帯びたコーラスの叫びは破格のスケール感を演出。
3. Call To the Dragon
スピーディーな名曲。ヒロイックなメロディを伴い疾走するという彼らの定番のスタイルを貫いてはいるが、力強い雰囲気とロマンティックなムードがこの曲を輝かせている。
4. Children Of the Night
ヒロイック極まりないミドルテンポ。ゆったりとした曲調で展開していき、サビでヒロイズムが爆発する。ギターの魅力的なメロディはヒロイック・ファンタジーの世界観に忠実である。
5. Black Worms
6. Lonely In Desert Land
7. Dragon's Death
8. Sword Of Vengeance
9. Two Faces Of Balthasar
10. Return Of the Thunder Warriors
大仰なる最終曲。この曲の大仰さには、かのキリス・ウンゴルも赤面するだろう。


▼続きを読む
スポンサーサイト

Magic Circle



Country: Germany
Type: Full-length
Release: 2005
Reviews: 77%
Genre: Epic Power Metal


ドイツのエピック・パワー・メタル、ウィザードの2005年に発表された6th。


愚直なサウンドでマニアたちから高い評価を受けたウィザードは、その音楽性を曲げることなく、やはりマノウォー的な作品を作り上げた。それがこの『Magic Circle』であり、ここでは、従来のダークなエピック・メタルが描き出されている。こういったバンドは、やっていることを曲げない限り、ファンたちはそれに納得するものだ。
しかし、この『Magic Circle』は、一部のファンたちからは、「遅くなった」というレッテルを貼られた。やはり過剰に疾走するサウンド・スタイルの方が、このバンドには適しているということである。アンダーグラウンド・シーンのファンたちは、こういうマッチョなバンドに対して、"ヒロイズムの爆発"を求めているのだ。



1. Enter The Magic Circle
2. Fire And Blood
3. Call Of The Wild
4. Death Is My Life
5. On Your Knees
6. Metal
7. Uruk-Hai
8. Circle Of Steel
9. Warriors Of The Night
10. No Way Out
11. The Magic Goes On
12. Don't Say Goodbye


▼続きを読む

オーディン



Country: Germany
Type: Full-length
Release: 2003
Reviews: 81%
Genre: Epic Power Metal


"マノウォーへのドイツからの返答"ことウィザードの5th。2003年発表。本作で彼らは、念願の日本デビューを果たす(しかし悲しいことに、このアルバムのみのリリースで以降の国内発売は見送られる)。


本作は自らもパワー・メタル・バンド、アイアン・セイヴィアーでフロントマンを務めるピート・シールクをプロデューサーに迎え、盟友カイ・ハンセンもバッキング・コーラスで参加。以前よりも大きく飛躍した高品質なエピックメタル作品となった。

前作より遥かに聴き易くなったのがこのアルバムだが、全体的に緩急が加味され後半も勢いが衰えることはない。漢らしい歌声に疾走するリズム、ヒロイックなツインリード、サビでの大合唱、勇壮な世界観とエピカルな方向性を一層色濃く打ち出し、彼らの存在をもはやドイツでのアンダーグラウンド・エピックメタルの筆頭といってもいいだろう。もちろんドイツにはエピックメタルの大御所、ブラインドガーディアンやランニングワイルド、グレイブディガー等の先人達がいるのだが、こういった影でエピック・シーンを支えている強固なバンドも忘れてはないない。今作の勢いに溢れたアルバムの作風からは、そのようなメタルに懸ける熱い精神性も感じられた。全く持って清々しいトゥルー・エピックメタルアルバムである。

エピックメタルバンドに相応しく、このアルバムはコンセプトアルバムだ。ジャケットに描かれているのは北欧神話の主神オーディン(タイトルもそのままという大胆さだ)、そして強力な怪物であるフェンリルやヨルムンガルドだと辛うじて判断できる。つまりアルバムのコンセプトは北欧神話だ。勇敢な勇士達を賛美し、神々に称賛を贈る。これほどエピックメタルに類似するテーマはないだろう。
もはや北欧神話はエピック界での普遍的なコンセプトとなりつつあるが、このテーマにこそ"エピックメタル"というジャンルの真性的な思想が隠れているといえる。エピックメタルとは"戦い"の表現性に特化している。ウィザードの5枚目のアルバムである今作は、それを実に雄弁に物語っているのだ。



1. Prophecy
爆走から合唱までの流れは完璧な高揚感をリスナーに齎す。オープニングから興奮は必至だろう。
2. Betrayer
3. Dead Hope
4. Dark Cod
5. Loki's Punishment
6. Beginning of the End
7. Thor's Hammer
8. Hall of Odin
9. Powergod
勇壮な疾走曲。圧倒的なスピードだ。
10. March of the Einheriers
11. End of All


▼続きを読む

Head of the Deceiver



Country: Germany
Type: Full-length
Release: 2001
Reviews: 78%
Genre: Epic Power Metal


"マノウォーへのドイツからの返答"で有名なエピック・パワー・メタル、ウィザードの4thアルバム。 2001年発表。


真に漢らしい爆発的なヒロイックメタルで多くのファンを欲する彼らだが、今作においてもそれは変わらず。そればかりか完成度はもはやかなりの域に達するに至った。勇敢なコーラスの導入のタイミングは絶妙であり、ボーカルの漢の色気を感じさせる歌声は非常に魅力的だ。歌のメロディに関しても、雄々しさを全面的に出したものばかりであり魂を興奮へと導く。また雄々しさだけではなく、楽曲全体にヒロイックファンタジーのような幻想的な演出や雰囲気もあるため、彼らの魅力は倍増する。エピカルでかつ戦いの臨場感に満ちた楽曲の放つ輝きは怪しいまでの刺激を聴き手に与える。倍増はこの手のマニア限定かもしれないが。しかし彼らの最大の魅力は爆発的な疾走にあるといっても過言ではないだろう。今作ははっきり言って全曲大仰なまでに爆走している。まさに疾走に次ぐ疾走である。もちろん疾走曲が聞きたいだけなのならスラッシュ等を聴けばいいという意見があるかもしれないが、彼らの楽曲は疾走に伴って漢らしさ、(例えるなら)中世の血生臭さが滲み出しているのだ。それらが醸し出すヒロイズムは相当なものである。聴く楽曲楽曲に「これだ」という手応えがある。確かに彼らのような一本調子のスタイルは非難されがちではある。しかし愚直な姿勢、一貫性は評価できるものがある。これを見逃してはならない。運よくそれに気付いたのなら、本作から得るものは大きいはずである。



1. Evitum Okol
この手のメタルにはお決まりのソードアンドソーサリー系のイントロダクション。
2. Magic Potion
ウィザードのスタイルを一発で判断することのできる典型的な疾走エピックパワーメタル。スピーディなヴァースから高潔なサビへの流れには思わずガッツポーズだ。
3. Head of the Deceiver
4. Collection Mind
5. Defenders of Metal
「ディッッッッフェンダァァァァッオブメッッタァァァァル」という重厚感を帯びた熱すぎるコーラスが印象的な曲だ。勇ましいミドルテンポのお手本のようなエピックチューンである。
6. Calm of the Storm
7. Demon Witches
8. Iron War
9. First One
10. Revenge
11. True Metal
タイトルからも想像できる通りの激烈な熱さを持つメタルソング。この大仰さは赤面必死。


▼続きを読む

Bound By Metal



Country: Germany
Type: Full-length
Release: 1999
Reviews: 83%
Genre: Epic Power Metal


"ドイツのマノウォー"との異名をとるエピック・パワー・メタル、それがウィザードである。本作は1999年発表の3rd。


"マノウォーへのドイツからの返答"(なんと大仰すぎるフレーズだ)という紹介文句もあるように、徹底してヒロイックな漢らしいメタルを演じている。各メンバーも上半身裸というマッチョなスタイルを惜しげもなく貫く。
それだけでも分かると思うが、この手のメタルが好きな向きなら否応なしに気に入るバンドである。やり過ぎなまでに爆走し、ヒロイズムを暑苦しいまでに披露するそのスタイルには、もはやプライドすら感じる。
前途有望なエピック・メタル・バンドであることは間違いない。

しかし、本作収録の名曲"Hammer, Bow, Axe and Sword"は、エピックメタル界では伝説となっているらしい...



1. Birth of the Weapons
2. Hammer, Bow, Axe and Sword
3. Brave Warriors
4. Dark Wings
5. Mighty Wizard
6. Nice Day to Die
7. Gladiators of Steel
8. Unicorn
9. Believe in Metal
10. Spill the Blood of Our Enemies
11. Battlefield of Death
12. Bound by Metal
13. Bloodsteel


▼続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。