Epic Metal; Review Fan Site.
© 2010-2017




Introduction

Robert_E_Howard

「エピック・メタルとは、叙事詩的なヘヴィメタルの総称であり、主に大仰かつ劇的でヒロイックな音楽性を示す言葉である」 [More stats] 

 ──Cosman Bradley


◆新着情報 News Topics
[Reviews]
VALKYRIE 「Deeds of Prowess」
WRATHBLADE 「Into the Netherworld's Realm」
VIRGIN STEELE 「Nocturnes of Hellfire & Damnation」
[Release]
Jack Starr’s Burning Starr 「Stand Your Ground」
Cirith Ungol 「King Of The Dead」
Manilla Road 「To Kill a King」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パワー・メタル (Power Metal) 

正統派メタルをよりアグレッシブにしたメタルの総称。

正統派メタルのもつ伝統性を踏襲しつつ、よりパワフルにしたスタイルのことを我々はパワーメタルと呼んだ。このスタイルには多くのメタルバンドが当てはまるだろう。スラッシュほど過激ではなく、メロディもしっかりしていることから、メタルファンとしては非常にとっつきやすい型である。重厚かつメタリックなリフの壁にスピーディなツーバスの疾走が加わることが多い。しかし最も特徴的なのは詩世界である。ブラックメタル/デスメタルが悪魔や死などの暗黒世界を題材にしているのに対し、パワーメタルは剣と魔法、ドラゴンと英雄などの幻想世界を題材にしている。この傾向が顕著に表れているメタルもあり、極端なものとなるとエピック・パワー・メタルと形容されることもある。簡潔にするとパワーメタルとは"伝統的なメタルをよりパワフルにしたヘヴィメタル"ということになる。 

歴史としては80年代後半に始まったとされ、ドイツのアクセプト、ランニングワイルド、初期ハロウィン等がなどが原型といわれる。またアメリカのパンテラは「パワーメタル」というアルバムをリリースした。このジャンルは類似ジャンルのメロディック・パワー・メタルの歴史と共通する要素が多いため、そちらを参照にされたし。


代表的なバンド
METAL CHURCHRunning WildIRON SAVIORACCEPTICED EARTH
▼続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。