FC2ブログ

カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください


ヘヴィメタルに適合できる人種、そうではない人種

 どんな音楽に対しても好みがあるのが普通である。例えば、クラシック音楽が好きだから、ヘヴィメタルのようなラウド・ミュージックが嫌いだという判断は間違っている。一般人たちは、個人の勝手な判断基準を押し付け、これまでにヘヴィメタルを誹謗中傷してきた。
 歴史がどうであれ、現在は好きな音楽を自由に追求できる時代となった。そこでヘヴィメタルを好きだと言っても、全て批判的な意見が返ってくることは少なくなった。
 ヘヴィメタルが好きでも、それを聴くと疲れるという人間は多い。例えば、好きなヘヴィメタルを聴いているのに、体が追い付かないというケースである。これは、膨大なパワーを使うヘヴィメタルに対して、体が拒絶反応を起こしている証拠だ。
 更にそうした体の拒絶反応が大きくなれば、ヘヴィメタルのような激しい音楽を聴くことで、腸内が刺激され、腹痛や下痢などが起こることもある。当然のように、激しい音楽を聴き続ければ、頭や耳の痛みも発生しやすくなる。
 しかし、これは全てのメタル・ファンたちが抱えている問題ではない。なぜなら、激しい音楽の中に長くいる大多数のミュージシャンやファンたちは、日常生活に何の問題も出ていないからである。
 結局のところ、体力を使うラウド・ミュージックは、人間の個人の遺伝子や体の作りなどとも深く関係している。根本的に遺伝子が強い人間なら、激しい音楽を聴いたとしても、それをポジティブなパワーへと変換することができる。
 一方、病弱で精神的にも不安定な人間の場合、ヘヴィメタルでその症状が悪化することも有り得る。気持ちはヘヴィメタルを求めているのだが、それに体が追い付いてこないというケースである。その結果として、前述の通り、腹痛や下痢、頭痛や耳鳴りなどの症状が起こる。
 体に無理をして強がり、ヘヴィメタルを聴く必要はない。長生きしたいなら、体に合った音楽を選ぶべきだ。


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

何故、日本人はヘビメタを「騒音」だと認識するのか?

 「うるさい」、「酷い騒音」、「こんな音楽を聴いてる奴は、皆頭がおかしい」
 ラウド・ミュージック史におけるヘヴィメタルは、過去に様々な誹謗中傷を受けてきた。当然のように、この音楽を「騒音」だと思っている大人たちは、極めて多かった。
 一般的に、ヘヴィメタルを「騒音」だと認識している人々は、この音楽をあまり理解していないことが殆どだった。つまり、"攻撃的なサウンド"、"過激なバンド・イメージ"などが、頭の中に定着していた。
 特に日本でも、様々なシーンでヘヴィメタルの「騒音」問題が起こってきた。
「ライブ会場がうるさい」、「近所の音楽がうるさい」、「(イベントなどで)ヘビメタを使うな」、「ヘビメタ禁止令」
 どれを取り上げても、苦情を入れる側は、個人的な感情を一方的に振り翳しており、ヘヴィメタルの本質への理解力は持っていなかった。
 詰まるところ、日本でヘヴィメタル文化が根付かない背景にも、このジャンルに対する偏見や間違ったイメージなどの問題があった。当然のように、日本人の中にも、真面目で真剣なメタル・ファンたちはいたが、そういう層は、既に"日本というメタル発展途上国"に目を向けていなかった。
 果たして、日本でヘヴィメタルが受け入れられる日は、訪れるのだろうか。

Rust In Peace



続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

海外のメタル・ファンが音楽(ヘヴィメタル)を真剣に捉える理由

 音楽や芸術などは、人間の生活には欠かせないものである。しかし、それらは、直接的には衣食住と繋がりはない。
 詰まるところ、人間は、音楽を聴かなくても生きていけるのだ。そういう考えの上では、本も必要なく、絵も大きな意味はない。
 従来のヘヴィメタル・ファンたちは、この音楽を非常に真剣に考えてきた。歌詞の意味や楽曲の世界観などを深く考察してきたのだ。
 日本人たちは、音楽を娯楽として考えることが多い。"名曲"というものは、楽曲のクオリティに関わらず、主にメディアやラジオから生み出されてきた。
 その結果として、海外のヘヴィメタル・ファンたちとの間に温度差がある。
 単純に知識量を考えてみても、日本人たちは、決してヘヴィメタルに詳しい訳ではない。
 時間とは平等に流れているため、海外のヘヴィメタル・ファンとの間の差は広がるばかりである。
 海外のヘヴィメタル・ファンたちが、この音楽を重要だと思うのには理由がある。ヘヴィメタルは、音楽という存在を超えた何かである。
 人間の精神や生活、ファッションなどに多大な影響を与える音楽、それがヘヴィメタル。
 こうした部分で、日本人たちが考える音楽(ヘヴィメタル)と外国人たちの間には、明確な違いがある。


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

日本人がヘヴィメタルの世界に背を向ける理由

 反社会的、暴力的、底辺、低学歴──これが一般的なヘヴィメタルのイメージである。
 社会の大人たちは、反社会勢力や犯罪行為などに対して、強い嫌悪感を抱いてきた。自らが子供たちを導く立場として、そういう勢力の情報は避けるべきものだった。
 そして、ヘヴィメタルという音楽は、反社会勢力や犯罪組織などと繋がっているというイメージが定着していった。
 実際のところ、これまでのヘヴィメタル・シーンの中では、ブラック・メタル・バンドたちによる犯罪行為や、プロ・ミュージシャンの殺人事件などが起こっている。強姦やドラッグ問題などは日常茶飯事だった。
 当然のように、こういったシーンと関わってきた人間たちは、社会的に考えると、避けられるべき存在だった。反社会勢力に加担している人間たちが、社会の中で普通に生活できる訳がない。
 近年のニュースや新聞などを見る限り、日本人たちは、勧善懲悪の考え方に固執している。その結果として、悪いイメージが付いているものを徹底的に嫌うのである。
 ヘヴィメタルは、社会的な悪であり、子供たちが関わってはいけないものだ。しかし、その子供たちは、自分たちの身近にいる大人たちが、無意識のうちに偽善者となっていることを知らない。

ブラック・メタルの血塗られた歴史 (Garageland Jam Books)



 続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

何故、日本人とヘヴィメタルは相性が最悪なのか?

 音楽には、様々な目的や効果がある。これを娯楽として考えるファンたちは多い。
 一方、ヘヴィメタル・シーンは、音楽を現実のように重く考えている。個人の生活や思想に影響する音楽、それがヘヴィメタルだった。
 どういう国がこの音楽を軽く扱っているのか。答えは日本だろう。
 日本という国は、映画や音楽などを娯楽として考える傾向が強かった。所謂、楽観主義的な思想が、一般人たちの中にも浸透していたのだ。
 一方、日本人たちは、我慢強く、妙に真面目な性格のため、感情を表に出すことも少なかった。
 ヘヴィメタルという音楽は、人間の内なる感情を表に吐き出すものだった。そこには、人間の怒り、葛藤、絶望、悲しみなどが入り混じっていた。
 日本人たちにとって、感情を表に出すことは正義ではない。そうすると、仕事やプライベートも上手くいかなくなる。大人とは、感情をコントロールできるものだ。
 つまり、日本人とヘヴィメタルは、性格的にも相性が悪い。激しい音楽で内なる感情を吐露することは、恥ずかしい行為なのだ。
 しかし、人間という生物は、いつまでも感情を抑圧されていると、それが一斉に爆発する。その結果として、日本では、有り得ないような凶悪犯罪や事件が起こっている。
 例えば、精神がおかしくなる前に、ヘヴィメタルに出会っていれば、その未来は変化したのかも知れない。


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

日本国内でヘヴィメタルの影響力がない理由

 どんな物事にも影響力というものがある。そして、人々は何かの影響を受けて行動する。
 その影響力の裏側にあるのが、個人の地位や名声、富や権力などである。人間という生物は、元来、力の強い物に従ってきた。
 遥か大昔、人類が武器を手にして間もない頃は、力の判断基準が単純だった。例えば、腕っ節の強さで他人を支配することができた。
 しかし、現代では、力の判断基準が大きく異なっている。もはや、今の時代に青銅の剣や斧などはなく、金が力の源である。
 そして、貧困の人々は、金を持っている人物の言動に影響を受ける。それは社会や音楽シーンの中でも、変わることのない法則である。
 ヘヴィメタル・シーン全体を見た時、本当に金を持っているミュージシャンやバンドたちは、一握りに過ぎない。殆どのミュージシャンやバンドたちは貧乏であり、他人に強い影響を与えるだけの根拠がない。
 過去、地位や名声、富や権力を持ったミュージシャンやバンドたちの言動に、人々は動かされてきた。力の弱い存在に影響力はないということである。
 もしかすると、日本国内でヘヴィメタルが力を持っていない現状も、これに関係しているのかも知れない。一般人たちは、「売れない音楽」に対して、見向きもしないものだ。


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

『オーストラリアの大学院でヘヴィ・メタルの研究のための奨学金が設立』、遂にヘヴィメタル研究も学問の分野へと到達

The About Heavy Metal Research...


Metal3236.jpg
https://nme-jp.com/news/75160/

ヘヴィメタルの世界とその研究
 近年、オーストラリアのニューカッスル大学で、「ヘヴィメタル地理学」の研究のための奨学金が設置されることとなった。合格者は、「ヘヴィメタル文化の社会地理学」の研究を行えるようになる。
 長年、ヘヴィメタルは独自のシーンを形成してきたため、こうした研究も現代では盛んになってきた。その背景には、世界中のヘヴィメタル・ファンたちが、積極的にこの分野の研究を行いたいと意識している現状がある。
 実際のところ、ヘヴィメタル・ファンたちは、様々な視点からこのジャンルやシーンについて研究してきた。それが学問として認められるのは、既に時間の問題だった。
 このようにして、オーストラリアでは、遂にヘヴィメタル研究が学問として認められることとなった。もはや、ヘヴィメタルは、単なる音楽ジャンルの内の一つではない。



続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

メタル人生観~物事に善悪はない~

 現代の社会の中では、人々の行動が善悪と深く繋がっている。特に最近では、ツイッターやフェイスブックなどのSNSの影響で、個人の行動が特定されるようになった。
 言うまでもなく、世間一般の人々が注目しているのは、"悪い"行為の方だ。
 良くない(気に入らない)行為をしている人がいたら、それをSNSに挙げる。そこで思っていることを呟く。上手くいけば、炎上して大きな話題となる。
 そういう行為が繰り返されて、今の日本では、緊張状態が続いている。人々が安心して街を歩くことは難しい。誰かが個人の善悪を判断・監視しているのだ。
 ヘヴィメタルの世界では、悪い行動もはっきりと描かれることが多い。
 例えば、ヘヴィメタル・バンドが過去にドラッグ問題や犯罪行為などを犯していたという部分だ。こういう部分を隠さないで生きているのが、メタル・ミュージシャンやファンたちである。
 当然のように、世間からは、ヘヴィメタルに関わる人間は、基本的に"悪い"と考えられている。その意見が間違っていることを指摘しても、多数決原理によって、酷く後悔することとなる。
 一般人からすると、メタル・ミュージシャンやファンたちは、"悪い"世界に関わっている、良くない人種なのだ。そして、そういう意見が大多数を占めている。つまり、"少数派"のヘヴィメタル勢を非難・攻撃しても、大きなデメリットはないのである。
 こうした不条理な現実があることを、ヘヴィメタルのファンたちは、良く理解している。
 今、SNS上で何かと善悪だと騒いている人々は、実際に自分たちが、無意識のうちに"悪い"行為に加担していることに気付いていない。だから平気で少数派を非難・攻撃する。
 メタル・ミュージシャンやファンたち──そういう人種を蔑むことは、悪にはならない。なぜなら、他の大勢の人々が、同じように少数派を非難しているから。
 数が多いことは、強いこと。やがて、その子供たちも、親たちと同じような考え方を持つだろう。
 この世の善悪とは、果たして何なのか。それは人間という社会的生物が生み出した、単なる物差しに過ぎないのか。
 ヘヴィメタルを聴き続ければ、何れ、その答えに辿り着くだろう。

フォロー・ザ・リーパー



続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

何故、日本人メタラーは、"メロスピ"や"クサメタル"が好きなのか?

 日本では、ハロウィン、ガンマ・レイ、アングラ、ストラトヴァリウスなどのメロディック・パワー・メタルが高い人気を集めている。更に"メロスピ"や"クサメタル"という造語まで浸透している通り、こういったジャンルが馴染み深いことは事実である。
 その背景には、日本人メタラーがメロディック系のロックが好きだという部分がある。例えば、クイーンなども日本では特に人気が高い。日本人はメロディアスなヴォーカルやサウンドに惹かれるのである。
 しかし、殆の洋楽に言えることだが、日本人が本来の英語の歌詞やリズム感を理解するためには時間が掛かる。実際のところ、一瞬だけ耳にして、英語の音楽を理解することは困難である。
 これがメロディの場合は、結果も大きく異なってくる。単純なメロディに深い意味やキーワードなどはないため、"個人の好み"だけでそれを判断することができる。そうして好きな音楽や楽曲を見つけるのだ。
 ヘヴィメタルの場合は、ギターという楽器がサウンドの中心になっている音楽である。印象的なギター・リフやメロディだけで楽曲の良し悪しを判断することは簡単だ。
 また、数多くの日本人は仕事が忙しく、歌詞カードを見ている時間も少ない。メロディだけで楽曲を判断することは合理的である。
 一方、単純に個人の好き嫌いで楽曲を判断する場合、メロディは大きな要素となってくる。余計な情報は要らない。耳や体でそれを感じるだけだ。
 日本人は、そういう自然体の感性でヘヴィメタルを聴いている。だからこそ、メロディアスなヘヴィメタルが印象に残りやすいのである。シンプルなリフも良いが、メロディアスなフレーズはリピートしたくなる。

Infinite



続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

ヘビメタ・ミュージシャンはクズだという一般論~実際はどうなのか~

 過去の偉大なロック・ミュージシャンたちの人生を振り返ると、そこには必ず何かしらの"クズ・エピソード"が登場する。例えば、家族よりも音楽を優先したという話や、ギャンブルやドラック類に溺れていたという内容は非常に多い。
 世界的に有名なポップス界のスターですら、一般人たちの間では、そういった良くない話が囁かれている。これがロック・ミュージシャンの場合は、更に酷い一般人たちのイメージが定着している。
 実際のところ、従来のヘヴィメタルとはロックの発展型であり、その内容にも過激な部分があった。そして、一般人たちはロック音楽を嫌うことで、自らが真面目な大人であることを強調しようとした。言うまでもなく、その利己的な大人たちの犠牲となったのが、純粋なロック・キッズたちである。
 ロック・キッズたちは、必ず親たちから話があると言われ、ラウド・ミュージックに対しての様々な悪い出来事を聞かされる。そこで登場するのが、「ヘビメタ・ミュージシャンはクズ」という言葉である。正義感の強い親たちに言わせれば、ヘビメタ・ミュージシャンの殆どは、異常な麻薬中毒者であり、家族を見捨てるクズなのだ。
 しかし、本当の部分で、一般人たちは、ヘビメタ・ミュージシャンたちの素顔を知らない。別に知る必要性もないのだ。
 例えば、凶悪なサウンド・スタイルで知られるスレイヤーのトム・アラヤは、大音量のライブから家に帰ると、子供たちの一人の父親となる。トム・アラヤは、過去のインタビューの中で、必要以上に家族に気を使っていることを明かしている。見た目は恐ろしいヘビメタ・ミュージシャンでも、現実では家族との距離に悩む、一人の普遍的な人間に過ぎない。
 また、エピック・メタルの始祖、マニラ・ロードのマーク・シェルトンは、自らの子供たちを立派に育て上げた後、今は完全に趣味で音楽を演奏している。そこにあるのは、純粋に家族との時間を求めた普遍的な人間の姿だ。
 現代の中でも、ロックやヘヴィメタルという音楽は、外見的なイメージで様々な誤解を受けている。中には本物のサイコパスらしいミュージシャンもいるが、大抵は普通の人間だ。「ヘビメタになら何を言っても良い」という安直な時代は、既に過ぎ去っている。

ウォー・アット・ザ・ウォーフィールド [DVD]




続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
New Release (Epic Metal)

Times of Obscene Evil..

by Smoulder (1st album)
"The New Epic Metal Album"

Grey Maiden -Ep-

by Gatekeeper (mini album)
"The New Epic Metal Album"

The Armor of Ire

by Eternal Champion (1st album)
"The New Epic Metal Album"

CODEX EPICUS

by Battleroar (5th album)
"The New Epic Metal Album"

Conqueror's Oath

by Visigoth (2nd album)
"The New Epic Metal Album"
METAL EPIC Books

叙事詩的なヘヴィメタルの歴史

音楽論『叙事詩的なヘヴィメタルの歴史』Kindleストアにて発売中。約5年間に渡るエピック・メタル研究の集大成。主要バンドの紹介、歴史の解説、幻想文学との関連性、エピック・メタル・ルーツへの言及など、アンダーグラウンド・シーンを紐解いた衝撃のヘヴィメタル史。

ハイパーボリア全集

拙著『ハイパーボリア全集』、『ハイパーボリア全集2』、『ツチョ・ヴァルパノミの炎の王国』、『最後の理想郷』、『探索者』、『ツァトゥグアの祠』、『イグの神殿』、『オルグリアス』、『ファルナゴスの遺産』、『イックアの妖術』、『ズロヒムの死』、『失われた先史』Kindleストアにて発売中。1930~1950年代頃の『Weird Tales』誌やクトゥルー神話群を踏襲した幻想怪奇短篇集。
The Master

コスマン・ブラッドリー博士

Author:コスマン・ブラッドリー博士


Cosman Bradley(16/06/10)
David Orso(16/06/10)
Daiki Oohashi(16/06/10)
*Mail

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村


・Click Ranking for Epic Metal.
METAL EPIC
・Free Banner for Your Pages.

Link
Metal Shop
New Release(HR/HM)
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。