FC2ブログ

カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「OMEN(オーメン) 」カテゴリ記事一覧


OMEN 「Warning of Danger」

Warning of Danger


Country: United States
Type: Full-length
Release: 1985
Reviews: 88%
Genre: Epic Metal


アメリカのエピック・メタル古参、オーメンの1985年発表の2nd。


オーメンの第2作『Warning of Danger』は、「Roadrunner Records」から発売された後、バンドの代表作のような存在となった。オーメンのサウンド・スタイルは、従来のNWOBHMに影響を受けたものであり、そこにマニラ・ロード(Manilla Road)やキリス・ウンゴル(Cirith Ungol)などのように、「剣と魔法」(Swords and Sorcery)の世界観を加えることで完成した。詰まるところ、ヒロイックで劇的な正統派メタルが、オーメンの最大の武器だった。

前作『Battle Cry』(1984)は、サウンド的にはチープな中身だったが、この『Warning of Danger』は、全く違っていた。実際に本作に収録された楽曲は、スピード、パワー、メロディ、ドラマ性が高次元で融合したものだった。例えば、ここで表現されていたのは、アメリカ的に解釈されたアイアン・メイデン(Iron Maiden)のようなサウンドだった。叙情的なギター・メロディにアグレッシブなリフ、J.D.キンボール(J.D. Kimball:vo)のユニークなヴォーカル・スタイルが、オーメンの全てを物語っていた。

結果的に、『Warning of Danger』を発表したことで、アンダーグラウンド・シーンにおけるオーメンの地位は、約束されたものとなった。ここでバンドは、数多くのファンを獲得し、カルト的な人気を誇った。80年代のアメリカ・アンダーグラウンド・シーンにおけるエピック・メタル伝説は、このようにして形作られていった。

『Warning of Danger』─その毒々しいアルバム・ジャケットと勇壮極まるサウンドは、カルト・メタル史の中に、永久に刻み込まれる伝説となった。



1. Warning of Danger
2. March On
3. Ruby Eyes (of the Serpent)
4. Don't Fear the Night
5. V.B.P
6. Premonition
7. Termination
8. Make Me Your King
9. Red Horizon
10. Hell's Gates


続きを読む
スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

OMEN 「Battle Cry」

Battle Cry


Country: United States
Type: Full-length
Release: 1984
Reviews: 78%
Genre: Epic Metal


アメリカのエピック・メタル古参、オーメンの1984年発表の1st。


1984年、かの有名な初期「Metal Blade Records」から発売されたオーメンの第1作『Battle Cry』。オーメンは、1983年、アメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスで結成された。中心人物は、ヴォーカルのJ.D.キンボール(J.D. Kimball:vo)、ギタリストのケニー・パウエル(Kenny Powell:g)だった。

オーメンの音楽のスタイルは、NWOBHM影響下の正統派ヘヴィメタルであり、そこに「剣と魔法」(Swords and Sorcery)の要素を加えたものだった。アイアン・メイデン(Iron Maiden)やマニラ・ロード(Manilla Road)などのサウンドとも類似していた。所謂、エピック・メタルという音楽のスタイルだったが、ファンたちからそこを指摘されるのは、後のことだった。

この『Battle Cry』という作品は、オーメンの典型的なヘヴィメタルを確立させるために、既に充分な存在感を持っていた。チープだがスピード感溢れる楽曲、勇壮な雰囲気、ストーリーテリングな展開。これらが『Battle Cry』の中で融合し、オーメンは、当時のアンダーグラウンド・シーンで一躍有名となった。

また、オーメンは、80年代のアメリカ出身という部分で、他の初期エピック・メタル・バンドたちと比較されることが多かった。例えば、この『Battle Cry』は、マニラ・ロードの『Crystal Logic』(1983)とも比較された。その理由は、前述の通り、音楽のスタイルが類似していたためだった。



1. Death Rider
2. The Axeman
3. Last Rites
4. Dragon's Breath
5. Be My Wench
6. Battle Cry
7. Die by the Blade
8. Prince of Darkness
9. Bring Out the Beast
10. In the Arena


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
New Release (Epic Metal)

The Course of Empire

by Atlantean Kodex (3rd album)
"The New Epic Metal Album"

Servants of Steel

by Ironsword (5th album)
"The New Epic Metal Album"

Stone Engraved in Red

by Ravensire (3rd album)
"The New Epic Metal Album"

Times of Obscene Evil..

by Smoulder (1st album)
"The New Epic Metal Album"

Grey Maiden -Ep-

by Gatekeeper (mini album)
"The New Epic Metal Album"

The Armor of Ire

by Eternal Champion (1st album)
"The New Epic Metal Album"
METAL EPIC Books

叙事詩的なヘヴィメタルの歴史

音楽論『叙事詩的なヘヴィメタルの歴史』Kindleストアにて発売中。約5年間に渡るエピック・メタル研究の集大成。主要バンドの紹介、歴史の解説、幻想文学との関連性、エピック・メタル・ルーツへの言及など、アンダーグラウンド・シーンを紐解いた衝撃のヘヴィメタル史。

ハイパーボリア全集

拙著『ハイパーボリア全集』、『ハイパーボリア全集2』、『ツチョ・ヴァルパノミの炎の王国』、『最後の理想郷』、『探索者』、『ツァトゥグアの祠』、『イグの神殿』、『オルグリアス』、『ファルナゴスの遺産』、『イックアの妖術』、『ズロヒムの死』、『失われた先史』Kindleストアにて発売中。1930~1950年代頃の『Weird Tales』誌やクトゥルー神話群を踏襲した幻想怪奇短篇集。
The Master

コスマン・ブラッドリー博士

Author:コスマン・ブラッドリー博士


Cosman Bradley(16/06/10)
David Orso(16/06/10)
Daiki Oohashi(16/06/10)
*Mail

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村


・Click Ranking for Epic Metal.
METAL EPIC
・Free Banner for Your Pages.

Comment
Link
Metal Shop
New Release(HR/HM)
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。