FC2ブログ

カテゴリ0の固定表示スペース

カテゴリ0の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ1の固定表示スペース

カテゴリ1の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

カテゴリ2の固定表示スペース

カテゴリ2の固定表示スペースの本文サンプルです。
テンプレート使用時に削除してください

「SOLITARY SABRED(ソリタリー・セイバード) 」カテゴリ記事一覧


SOLITARY SABRED 「Redemption Through Force」

Redemption Through Force



Country: Cyprus
Type: Full-length
Release: 2014
Reviews: 80%
Genre: Epic Heavy Metal


キプロスの真性エピック・メタル、ソリタリー・セイバードの2014年発表の2nd。


シングル『Prelude to Redemption』(2012)の後に発表。本作は自主制作。情熱を創作活動で示すのがこのサブ・ジャンルの様式美。オーソドックスなエピック・メタルを踏襲したサウンドは今作でも変わらず。前作『The Hero The Monster The Myth』(2009)では、典型的なアンダーグラウンド・エピック・メタルを披露したが、バンドは確実に成長している。パワー・メタル風のサウンドが説得力を増したことで、叙事詩なヘヴィメタルを表現する際に独特の緊張感が漂っている。ギター・サウンドは荒々しいものであり、そこからヒロイックなムードを感じることができる。カルト・エピック・メタルの次世代の存在として、ソリタリー・セイバードの今後の活躍には期待だ。なお、このバンドに対する海外のファンの反応は非常に良いものであり、『Redemption Through Force』では地位を確立したとも言える。本作にはコルドロン・ボーン(Cauldron Born)のハウィー・ベントレー(Howie Bentley)がゲスト参加。エピック・メタル・シーンの横の繋がりが見える。



1. Synaxxis of Honor
2. Disciples of the Sword
3. Stigmata of Pain
4. A Violent Transgression
5. Redeemer
6. Burn Magic, Black Magic
7. Resurrectio Animi
8. Sarah Lancaster (The Witch's Breed)
9. Realm of Darkness
10. Revelation
11. Damnation


続きを読む
スポンサーサイト



(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)

SOLITARY SABRED 「The Hero The Monster The Myth」

The Hero The Monster The Myth



Country: Cyprus
Type: Full-length
Release: 2009
Reviews: 70%
Genre: Epic Heavy Metal


キプロスの真性エピック・メタル、ソリタリー・セイバードの2009年発表の1st。




キリス・ウンゴル、マニラ・ロード、ブローカス・ヘルム、コルドロン・ボーンを始めとする真性エピック・メタルの音世界。それは現実とは異なる空間に存在しているかのように、一般人の耳から遠ざけられてきた。主にロバート・アーヴィン・ハワードの『コナン』やマイケル・ムアコックの『エルリック・サーガ』を題材として展開される、この不気味でカルト的な音世界は、過去のアンダーグラウンド史の中で多くの熱狂的なファンを生んできた。そして、この分野に未来があるとすれば、それは若い世代のエピック・メタルのファンたちが、自らがミュージシャンとなって才能を開花させることだった。既に叙事詩的なヘヴィメタルの新時代は始まっていた。



キプロスの地から芽を出したソリタリー・セイバードは、自主制作という苦肉の策で第一作『The Hero The Monster The Myth』を現実的な形とした。それは典型的な『コナン』タイプのエピック・メタルであり、同時にアンダーグラウンド特有の強烈な湿り気を帯びていた。古いファンたちが求めていたエピック・メタルのサウンドが、この『The Hero The Monster The Myth』という作品にはあった。この時代、既に世界各地では、ファンタジーや神話の世界をモチーフとして作品を作るバンドが大量に出現していた。しかし、80年代から続く真性のエピック・メタルのファンたちに言わせれば、それらは外見を飾るファッションに過ぎなかった。
ソリタリー・セイバードの作品を聴けば、純粋な幻想世界の影響力を身近に感じることができた。しかし、それは同時にファンタジーが本来持っている、煌びやかで美しいイメージを徹底的に破壊するものだった。ソリタリー・セイバードは過去の偉大なバンドたちに敬意を払い、その徹底した音世界を忠実に表現する手法を選んだ。即ち、純粋で無慈悲なダーク・ファンタジーが『The Hero The Monster The Myth』には宿っている。



1. Slayer's Oath
2. A Necromancers Plight
3. Dominion
4. Hammers of Ulirc
5. Anvil of Crom
6. Avengers of Set
7. Solitary Sabred
8. The Trojan Hero


続きを読む
(この一行は、各記事の最後に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
New Release (Epic Metal)

The Course of Empire

by Atlantean Kodex (3rd album)
"The New Epic Metal Album"

Servants of Steel

by Ironsword (5th album)
"The New Epic Metal Album"

Stone Engraved in Red

by Ravensire (3rd album)
"The New Epic Metal Album"

Times of Obscene Evil..

by Smoulder (1st album)
"The New Epic Metal Album"

Grey Maiden -Ep-

by Gatekeeper (mini album)
"The New Epic Metal Album"

The Armor of Ire

by Eternal Champion (1st album)
"The New Epic Metal Album"
METAL EPIC Books

叙事詩的なヘヴィメタルの歴史

音楽論『叙事詩的なヘヴィメタルの歴史』Kindleストアにて発売中。約5年間に渡るエピック・メタル研究の集大成。主要バンドの紹介、歴史の解説、幻想文学との関連性、エピック・メタル・ルーツへの言及など、アンダーグラウンド・シーンを紐解いた衝撃のヘヴィメタル史。

ハイパーボリア全集

拙著『ハイパーボリア全集』、『ハイパーボリア全集2』、『ツチョ・ヴァルパノミの炎の王国』、『最後の理想郷』、『探索者』、『ツァトゥグアの祠』、『イグの神殿』、『オルグリアス』、『ファルナゴスの遺産』、『イックアの妖術』、『ズロヒムの死』、『失われた先史』Kindleストアにて発売中。1930~1950年代頃の『Weird Tales』誌やクトゥルー神話群を踏襲した幻想怪奇短篇集。
The Master

コスマン・ブラッドリー博士

Author:コスマン・ブラッドリー博士


Cosman Bradley(16/06/10)
David Orso(16/06/10)
Daiki Oohashi(16/06/10)
*Mail

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村


・Click Ranking for Epic Metal.
METAL EPIC
・Free Banner for Your Pages.

Comment
Link
Metal Shop
New Release(HR/HM)
サイドバー2下の追尾スペース
ここに追尾させたいものを記載します。